ナビゲーション

修理・修繕

銅像などの美術銅器(ブロンズ)は、酸性雨・鳥の糞などによる腐食や、外部からの衝撃による破損などにより目に見えて痛んでくる場合があります。痛んだ箇所を放っておくと、さらに酷い痛みへと進行していきます。
そうなる前に、梶原製作所へご相談下さい。

※修理・修繕に係わる費用は、破損の状態や取付け場所の条件により変動いたしますので、別途お見積もりさせていただきます。周辺環境が分かるものや、写真(全体像・痛んだ箇所等)などがございましたら、より詳しくお見積もりすることができます。
お見積もりは無料ですので、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

●金龍山浅草寺様 六角型吊灯籠の修理例

- 修理前 -

修理前

- 修理後 -

修理後 修理前

この修理例では、「内部補強」・「表面処理」・「再着色」などの作業を行っております。

●妙覚寺様 燈籠の修理例

- 修理前 -

修理前

- 修理後 -

修理後

この修理例では、「溶接等による補修」・「欠損パーツの作製」・「内部補強」・「表面処理」・「再着色」などの作業を行っております。

※ 銅像などの簡単なお手入れについては、銅像のお手入れ(1)(2)にてご紹介しております。