国宝 法隆寺 釈迦三尊像再現事業
再現された釈迦三尊像

       - 再現された釈迦三尊像 -

弊社 代表取締役 梶原敏治が理事長を務めます

伝統工芸高岡銅器振興協同組合では、平成27年度

から富山県高岡市、南砺市および東京藝術大学、

井波彫刻協同組合と共に、産学官連携で国宝法隆寺

釈迦三尊像の再現に取り組んで参りました。


門外不出の釈迦三尊像を限りなく科学的に同質な

もので複製することにより、日本の芸術文化、地域の

伝統技術の継承や、歴史的美術工芸品の未来の復元

技術の発進につなげていきます。

東京藝術大学が法隆寺ならびに文化庁から

特別に許可を得て、国宝法隆寺釈迦三尊像を

計測・解析したデータを基に3Dプリンター

による原型を作成しました。

弊社ではその原型を用い釈迦三尊像の大光背

を担当し、鋳型制作から鋳造を行いました。

鋳型造形

You Tubeにて本事業の映像「国宝仏の再現に挑む」をご覧いただけます。

弊社での大光背の鋳型制作から鋳造の場面も是非ご覧ください。

「国宝仏の再現に挑む」(16分バージョン)

     「国宝仏の再現に挑む」
      (16分バージョン)

「国宝仏の再現に挑む」(36分バージョン)

     「国宝仏の再現に挑む」
      (36分バージョン)