ナビゲーション

お知らせ

株式会社梶原製作所では、銅製品の修理、修復を承っております。
雨による変色や、破損してしまった仏像、仏具、銅像等、お困りの際は是非弊社にお問い合わせください。
お見積もりは無料ですのでお気軽にご相談ください。
原型から鋳造、仕上げまでを一貫生産で行う弊社だからできる、確かな技術でお答え致します!
修理例など、詳しくは修理・メンテナンスをご参照ください。


弊社が加盟しております「一般社団法人 日本伝統職人技術文化研究会」が主催するイベント
「全国伝統職人サミットin高野山」が平成28年10月29日(土)・30日(日)に開催されます。
日本伝統職人技術文化研究会は、主に社寺仏閣に携わる古くから受け継ぐ伝統の技を持ち、また新たな挑戦をし続けるそんな職人魂に誇りを持つ者の集まった職人集団であります。

当会では二年に一度、全国の社寺を会場に職人技の実演、展示、体験、解説をしながら職人達と直に触れ合える「全国職人サミット」を開催しております。
本年は和歌山県の高野山真言宗総本山金剛峯寺を会場に開催されます。

また、この度当会では高野山奥之院にて行われる生身供(しょうじんぐ)という法要において使用される「唐櫃(からびつ)」を制作奉納することとなり、現在皆様からの浄財をお願い致しております。
詳しくは全国伝統職人サミットin高野山のご案内をご覧ください。
「全国伝統職人サミットin高野山」ではこの「唐櫃」の制作過程もご披露致します。
なかなか見られない貴重な制作過程を間近で見られる機会です。ぜひお越しください。


滝田洋二郎氏が監督した高岡市の観光PR映像が弊社の社員主演にて撮影され、弊社でも撮影が行われました。
YouTubeからご覧いただけます。
・4分30秒バーション
・30秒バージョン


札幌オリンピック 聖火台

 昭和45年 札幌オリンピック聖火台製作

札幌オリンピック 聖火台

伝統と挑戦、そして独創の鋳造空間へ

NEO 美 -ING

古来よりの金銅仏の心と技を

人々が青銅器を手に取ったのが、BC3500年ほど。
以来、先人たちの情熱と英知・技によって様々な
金属素材の工芸美術品が生み出され、時代を問わず
私たちの生活・環境空間を彩ってきました。

株式会社梶原製作所は、明治35年の創業以来110余年、
高岡銅器の伝統技法を単に継承するだけでなく、つねに
時代を反映してきました。

彫刻・モニュメント・建築等各種環境造形物、また
神社仏閣における建築仏具用具等、大型ブロンズ・
アルミ鋳造を通して、企画デザインから実施設計
実製作、さらに施工・設置にいたるまで、一貫製作
で、心にのこる確実な製品を提供し続けています。